本文へ移動

地中障害撤去(オールケーシング・全旋回)

施工事例

施工事例

ケーシングチューブを掘削孔全長にわたり揺動(回転)・押込みながらケーシングチューブ内の土砂をハンマーグラブにて掘削・排土することで掘削し、所定の深さの地盤に達したら孔底処理を行い、鉄筋かごを建込み後、トレミーによりコンクリートを打込み、コンクリート打込みに伴いケーシングチューブおよびトレミーを引抜き回収を行う工法である。掘削に先立ちケーシングチューブを揺動貫入し、孔壁を防護しながらハンマグラブバケットにより掘削する工法
ケーシング(パイプ)を揺動装置により、反復回転させながら油圧ジャッキで地盤に圧入した後、ケーシング内に落下させたハンマーグラブで中の土砂を掘削し、掴み取るように排出する。支持層に達した後、鉄筋籠を挿入、ケーシングを抜きながらコンクリートを打設し、杭を形成する。オールケーシング工法は、ケーシングチューブという筒型の機械を地中に圧入し、それで孔壁を保護しながら、グラブバケットで掘削・土砂の排出を行い、できた孔にコンクリートを打設する工法です。
フランスのベノト社が開発したことからベノト工法とも呼ばれています。現在では、ケーシングチューブが揺動して圧入していくものをベノト工法(揺動式オールケーシング工法)、ケーシングチューブが一方向に回転することで地盤掘削していくものを全回転式オールケーシング工法と呼び分けるのが一般的なようです。全回転式のほうがより硬質な地盤に対応できます。
 
名西建材株式会社
〒453-0855
愛知県名古屋市中村区烏森町
8丁目206番地
TEL:052-414-4155
FAX:052-414-4158

【土留・杭関連事業部】
●土留工事
   鋼矢板 親杭 鋼管打抜工  
●鋼製山留支保工 鋼製鋼台工
 設置・撤去  
●杭抜工事
●地中障害撤去工事  
●既製杭打設工事:RC PC
 節杭 鋼管杭  
●ダウンザホ-ル工法
(岩盤掘削工)  
●グランドアンカ-工事
●ウェルポイント工事  
●その他 材工共
 
【環境事業部】
〇電解水 生ごみ処理機

<許可>
愛知県知事(般-28) 第 35496 号
TOPへ戻る